マンション査定前に掃除はすべきか

マンション査定の方法には、簡易査定と詳細査定がある

マンションを売却するにあたっては、もちろん自力で購入希望者を見つけて直接的に売買契約を提携するのでもかまいません。
しかし幅広い人脈をもっている知人や友人の紹介があれば話は別ですが、売却をしたい時期に希望する金額で買い取ってもらえるほど都合がよい相手が見つかることはめったにないと考えるべきです。
そこで地域にある不動産会社に査定を依頼して、その査定価格に納得ができれば、次に正式に媒介契約とよばれる契約を締結して、実際に買い手を募集するための販促活動を本人に代わってしてもらうことになります。
この場合のマンション査定の方法には、簡易査定と詳細査定のいずれかの方法を選びます。
一般にインターネットで無料の一括査定を受け付けていることがありますが、これは簡易査定とよばれる方法が多いはずです。
簡易査定はマンションが所在している地域や床面積、築年数、部屋数などのごく簡単な要素だけをもとにして金額を出す方法です。
そのベースには過去にその地域で取引されたマンション売買の事例がもとになっており、その限りにおいては詳細査定とも異なるところはありません。
ただし実際に不動産会社のスタッフが現地を見たわけではありませんので、その他の要素については何ら反映されていないことは注意する必要があります。

DMもらう人の中にはかなり入金力の高い方も多いので、沖有人氏のデータの裏付けある不動産投資理論は知っておいて損はないと思う。


住まいサーフィンってマンション査定サイトやってる人です。

— にゃんたまω (@nyantama2323) 2018年10月20日

マンション査定の方法には、簡易査定と詳細査定がある / 小手先で評価が変わることはありません / 不動産売却のプロの意見は参考になるはず