マンション査定前に掃除はすべきか

不動産売却のプロの意見は参考になるはず

マンション査定不動産査定・土地・マンションの査定・売却ならハウスンへ

マンション査定の方法には、簡易査定と詳細査定がある / 小手先で評価が変わることはありません / 不動産売却のプロの意見は参考になるはず

しかしマンションの売却にあたって掃除はまったく無意味なのかといえばそうとも限らないといえます。
これはマンション査定のときよりも購入を希望する人が内覧に訪れた際に有効なものです。
一般に購入希望者はそこに住むことを前提として内覧を申し入れたはずですので、不動産会社のようなプロの目線とは別にして、室内が清潔で使いやすそうという印象を大事にします。
相手に対して好印象を与えるためには、室内の掃除はやはり有効な手段ですし、これを機会にして雑然と家具やその他の物品が置かれている状況を整理して、住みやすさをアピールするのは効果的といえるでしょう。
もしも自力で掃除をすることは時間や手間の関係で困難というのであれば、プロのハウスクリーニングに依頼することもできます。
この場合は床面積によって料金が異なるのが通例ですので、あらかじめ料金体系を確認した上で正式に依頼をします。
仲介をしている不動産会社のほうでハウスクリーニングの会社を安く紹介してもらえることもありますので、相談してみるのも得策です。
なお掃除にとどまらずリフォームまでする必要があるのかどうかはケースによって異なります。
リフォームをすれば当然ですが多額の費用を負担しなければなりませんので、その費用に見合った効果、つまりは高値でマンションが売れることにつながるかどうかがキーポイントです。
これは勇み足でリフォームの契約をしてしまうよりも、仲介の不動産会社に相談をした上で慎重に判断したほうがよいといえます。
購入後に自前でリフォームしたいので多少室内の汚れなどがあったとしても販売価格が安いほうがよいと考える人も意外と多いため、不動産売却のプロの意見は参考になるはずです。